Report A Fraud

Name suppression has lapsed for a former East Wind Company senior employee facing Serious Fraud Office charges.

Yuko Hanyu faces a charge of theft by a person in a special relationship and six representative charges of false accounting related to her role with East Wind.

East Wind Company was part of the East Wind Group, which marketed itself as offering financial services and immigration support to New Zealand’s Japanese community.

The group collapsed in February 2019 and was placed into liquidation, following the death of director Masatomo Ashikaga (also known as Tom Tanaka).

The SFO alleges that the financial products offered by the company - the Group Term Deposit, Waterloo Fund, and Restaurant Fund - operated as Ponzi schemes, involving more than $26 million of customer investments.

Ms Hanyu was the manager of the company’s finance department from 2004 to December 2017.

Ms Hanyu has entered pleas of not guilty to all charges and is next due to appear at the Auckland District Court on 2 March 2022 for case review.

 

ENDS

 


 

SFOに告発されたイースト・ウインド社幹部社員の実名公表規制解除

 

重大不正捜査局(SFO)に告発された、イースト・ウインド・カンパニーの元幹部社員の実名公表の規制が解除された。

羽生優子氏は、イースト・ウインド社での職務に関連して、特権的立場を利用した窃盗罪と6つの重大な虚偽会計の容疑に問われている。

イースト・ウインド・カンパニーは、ニュージーランドの日本人コミュニティに、金融サービスや移住サポートの提供を売りにしたイースト・ウインド・グループの関連会社であった。

同グループは、取締役の足利正朝(トム・タナカとしても知られる)の死去に伴い、2019年2月に破綻し、清算処分に付された。

SFOは、同社が提供した金融商品である「グループ定期預金サービス」「ウォータールー・ファンド」「レストラン・ファンド」は、

ポンジ・スキームとして運営され、2600万ドル以上の顧客投資に関与していたと主張している。

羽生氏は2004年から2017年12月まで、同社の財務部門のマネージャーを務めていた。

羽生氏はすべての容疑に対して無罪を主張しており、次は2022年3月2日に事件の審査を受けるため、オークランド地方裁判所に出廷する予定だ。